基本データ

ナツメグ
名称:ナツメグ
効果:幻覚・浮遊感・強烈な酩酊感など
概要
ナツメグの効果については、「危ない薬」などの本でも取り上げられたこともあり
ちょっと検索すればゾロゾロと体験談が出てくるぐらい非常に有名なものです。
多くの経験者は、その効果は不快なもので試す価値はないと言っています
(僕自身の体験をふまえても、酒のほうがずっとマシです)。
ナツメグについては既にたくさんのレビューがあり、かなりのことが分かっているので、
レスの形ではなく基本的なことをFAQの形で載せておきます(少し主観的になってしまう点は許してね)。




Q、ナツメグって、スーパーとかで売ってるやつでいいの?
A、はい。一瓶(粉状のもの20g)を200円くらいで買えると思います。
また、メースはナツメグの実の皮を粉にしたもので、効果は同じです。
Q、一回にどれくらいの量がいるの?
A、個人差がありますが、5〜10gを取れば確実に効果は現れるでしょう。
ひどい味なので(スパイスだから当たり前か・・・)オブラートなどを使ったほうがいいです。
Q、効果はどれくらい続くの?
A、これも個人差がありますが、6時間〜2日間ぐらいが一般的です。
Q、効きはじめるまではどれくらいかかるの?
A、これはかなりあいまいで、3時間で効きはじめる人もいれば12時間くらい
かかる人もいます。また同じ人でも場合によって異なるようです。
Q、LSDとかキノコみたいな幻覚見れる?
A、おそらく見れないでしょう。僕はナツメグで幻覚自体を見たことがないです。
他の人の話を聞いても、幻覚があらわれることは少ないようです。ただし酒やDiptのように 普段とモノの見え方が微妙に変わったり、動きがゆっくりに見えたりすることはあります。
Q、体に害はあるの?死ぬ?
A、害は確実にあります。香辛料を大量に取れば粘膜は荒れるでしょうし、
やればわかりますが、吐き気と腹痛に襲われるでしょう。(大量の毒を分解するため、肝臓に相当負担をかけるようです)。
また、サフロール、ブフォテニンなどの発がん性物質も含まれています。
致死量は実を1個分だとか2個分だとかかなりいい加減で、僕は昔海外の子供が
2個のナツメグを食べて死んだという事故しか聞いたことがないのではっきりとは言えません。
「自殺のコスト」という本に致死量は1個と出ているそうですが、死亡事故の数自体が
かなり少ないと思われるので当てにならないでしょうし、それがナツメグの毒性によるものか、
それともパニックになった結果の事故だったのかによって意味も違ってくると思います。
死にたく無いなら試すべきではないし、死にたいなら(実際に自殺目的で使う人がいるらしい)
もっとマシな方法があるでしょう。
Q、効果を詳しく教えて。
A、上でもあげた視覚の変化や強い酩酊感、時間感覚のゆがみ、健忘、
せん妄、のどの渇き、寒気、浮遊感など・・。一言で言えば、風邪をひいて熱が出たときの感じに近いです。

Q、もっと詳しく知りてぇんだぁ
A、「ナツメグ 幻覚」などで検索すれば多くの体験談が見られると思います。
また、古いものですがナツメグの研究報告を和訳したものがあります。
現在出回っているナツメグ情報(囚人が使っていた、など)の多くはこの記事が元ネタになっているようです。
http://nutmeginfo.at.infoseek.co.jp/nutmeg.html

SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO